2014
09.29

主婦の平凡なある1日

6時半に起床。

旦那さんが散らかしたキッチンの片づけから1日が始まる。

子供のごはんの準備に取りかかり、といっても昨夜のおかずをほぼ暖め直すからそんなに時間はかからない。
1日分の子供のお米をタッパーにつめるのを忘れずにやる。

7時くらいに2人起こし、着替えを終えてから朝ご飯。
上の子は今トイトレ中だから、トイレにつれてくのも忘れずに。

ご飯終わったら、片づけて、一服して、夕飯の下ごしらえ。

それが終わったらお化粧して、子供も準備させて、外出。

スーパー行ったりな日もあるけど、今日は児童館みたいなところへ。

11時30分を目安に帰り始め、帰ってきたらすぐお昼ご飯。
下の子はいくら食べても食べたりないのか、原減ったオーラ前回だから急がなきゃ。

食べたら、1時をめどに子供のお昼寝準備。

がんばって寝かして、洗濯物を取り込み整理。

その後お風呂行って、
髪乾かしたら夕食の準備。

終わったら、つかの間の休憩…
3時をめどに、子供を起こし、おやつタイム。

そのあとお部屋掃除。

その後子供と一緒に遊ぶ。

5時すぎたら、五合のご飯をセットして、子供のご飯を準備して自分も一緒に食べる。

6時30分前後に旦那さん帰宅。

下の子はあたしが身体洗ってあげて、上の子はパパやって、三人で湯船へ。

上がってきたら、身体拭いてあげて、保湿剤塗って、おき替え。

一通り終わったら、夜のうちにお洗濯。

その間にお布団の準備。

終わったら、ビール一杯飲んで一息つく。

選択終わったら干して、8時前後には下の子寝かしつける。

9時くらいから、キッチン片づけや部屋のおもちゃお片付け。
旦那さんがご飯食べ終わるのをまってから、なかなか寝ない上の子を寝かしつける。
やっと寝て11時前。

旦那さんはいつの間にか爆睡。

上の子を抱っこして、下の子が寝てるとこにつれていき、あたしもそこでやっと布団にはいる。

夜泣きはまだある。
ここ三年くらいまともに寝てない。
でも仕方ない。

そしてまた朝がくる

2014
09.21

毛利小五郎について

名探偵コナンに登場する毛利小五郎は私立探偵です。

元、捜査一課の刑事でしたが、10年ほど前に退職し、
その後探偵事務所を開いて探偵家業を始めました。

推理力がなく、迷探偵などと呼ばれていましたが、
コナンが小五郎を眠らせて変わりに推理するようになってからは
事件の解決率が格段にあがり「眠りの小五郎」として有名になりました。

小五郎自身は「事件を解いているときの記憶がないが、
本来の俺が解決しているんだろう」などと考えているようです。

基本的にだらしがない性格で、
麻雀、競馬、酒が大好きです。

美女にも目がなく、美女を前にすると態度が急に紳士的になったりします。

「沖野ヨーコ」というアイドルの大ファンで
仕事そっちのけでテレビに没頭していたりもします。

そんな小五郎ですが、妻子持ちであり、現在は
娘の蘭と同居しています。

柔道の達人で、射撃の名人という一面もあります。

小五郎は身内が容疑者になると自力で推理できるほどどに頭が冴えたりします。

その数は少ないですが、コナンの力を借りずに推理する姿はカッコイイです。

その代表作が「小五郎の同窓会殺人事件」だと思います。

名前の由来は「明智小五郎」で
声優は2009年の途中までが「神谷明」さん
それ以降が「小山力也」さんです。

2014
09.13

酒は百薬の長などと申しますが。

海水浴場で朝から12時間飲酒した後に車両を運転し、歩行中の海水浴客を次々と引き、三名の命を奪い、一名に重症を負わせるという、痛ましい事故に際し、
飲酒運転の罪の重さ、生じる得る被害の甚大さが、言われて久しいですが、こうした事故もまた、どうしても後を断たないものだと、悲しく思います。

約半日、飲酒をして、身体中にアルコールが周り、酔った状態に己があることの自覚はきっとあるはずですし、その状態で如何なる理由があれ、車両を運転してはならない、ことを知らぬ筈がないと考
えます。
まして、一緒にいた仲間達の誰一人、そんな酩酊でもありうる状態で、運転しようとする仲間を、制する人は一人も無かったのか?が哀しいです。

 楽しい時間は大切です。
楽しくないことも多い毎日の中で、溜まった鬱憤を晴らす時を持てることは
良いことです、が、私だけの身勝手で、誰かの命にまで手を伸ばす愚行は許されない。
そこにいた、仲間たちに、冷静で分別を残した人は無かったのか?
哀しみと後悔の思いは尽きません。

大人の良識は今、どうなっているのか?を考えています。

2014
09.03

衝撃の傑作舞台が再演決定

 サッカーワールドカップ開幕を目前に控え、期待と不安を胸に初戦の日本戦を待ちわびていた私の前に、突如飛び込んできたビッグニュース。

 三谷幸喜さんの傑作舞台「オンリーミー」の再演決定。

 17年前、大阪梅田の劇場で、初めて生の舞台を観たのがこの作品でした。
腹がよじるほど笑い、興奮し、満員のお客さんたちと喜びを共有した2時間は、今でも忘れることのできない思い出、いや衝撃の体験として私の心に刻み込まれました。
それ以来、三谷作品はもとより、大小あまたの舞台を観てきましたが、初体験としての衝撃を差し引いたとしても、あの面白さ、あの会場の一体感を越えた作品はありません。
DVDも発売されておらず、二度と観れることはないだろうと思っていたため、ワールドカップモードであった私の脳味噌も、チケット確保に向けた画策にいとも簡単に浸食されています。

 遅筆として有名な三谷さんのこと、今もなおサッカー日本代表選手同様、プレッシャーの中執筆と戦っておられることでしょう。

 期待しています。
私のように、この作品をきっかけとして舞台鑑賞の素晴らしさを知ってくれる人たちが1人でも多く増えることを願って。

2014
08.26

今週のオススメドラマ

DVDを返却しに行った際、特に借りる気も無かったのに少し気になったものを見付けて、見てみたらこれがまた良作だった。

そんな時って、何だか得した気分になれて嬉しいですよね。

今回はふと目についた「ダニーのサクセスセラピー」に惹かれ、とりあえずシーズン1の1、2を借りてみました。

このお話は題名でもわかる通り、ダニーと言う心理学博士の女性が、仕事や生活に悩みのある人たちと1対1でカウンセリングしながら、個々の問題を解決して行くお話です。

ダニー自身も子ども二人とギャンブル好きの母親がいて、現在旦那との離婚問題に頭を悩ませているのですが、それでも患者と真っ直ぐに向き合う姿や、たまに感情的になってしまう人間味の溢れている所に共感できて
そして、言葉のひとつひとつに勇気付けられます。

何の気なしに借りたドラマでしたが、彼女の助言欲しさに続きが見たくなるような作品だったので、ご紹介させていただきました。

2014
08.18

不思議なこと。

私は今、病院の受付事務をしています。

そこで不思議なことがよく起こります。

個人の外科の病院なんですが、日によって、同じ名字の患者さんが多かったり、同じ症状の患者さんが続けてきたりするんです。

先日は「高田さん」が午前中に5人も来たり、「赤松さん」ってそんなにポピュラーな名字じゃないのに3人も来たり。

今日も「松下さん」が3人来ました。

症状も、陥入爪の患者さんが立て続けにきたり、自転車で転んだっていう人が何人もきたり。

ほんと不思議です。

言い合わせたんじゃないかと疑うくらいです。

これは医療機関に限ったことじゃないです。

私は、他にカフェでアルバイトもしているんですが、そこでもこういったことはよく起こります。

日によって、抹茶パフェばかりオーダーされたり、ホットケーキが立て続けにオーダーされたり。

不思議なくらいよくあるんです。

カフェの方は、来店した時に香りがしたり、誰かが食べているのを見たりってこともあるんだろうとは思いますが、病院のほうは全くの偶然ですからね。

何か原因があるのでしょうか?

2014
08.08

最近観た映画について

私は数年前からアクション映画にはまっています。

ブルースウィリス、ジェイソンステイサムの出演している作品が得にお気に入りです。

ブルースウィリスの「ダイハードシリーズ」はすべて観ましたが初めから観ている者としては最新作がでる度迫力が増していてそれが最高傑作に思えます。

ダイハード以外でも最近観た中では「レッド」「レッドリターズ」も年を感じさせないアクションが素晴らしかったです。

アクションはあまりなかったけれど作品として私が一番好きなのは「ジャッカル」という映画です。
リチャードギアとW主演です。
七変化をする悪役ですがなぜか魅力を感じました。

作品自体がとても良かったです。

ジェイソンステイサムの作品もほとんど観ましたが主演ではないですがエクスペンダブルスが一番気に入っています。
ナイフを使ったアクションシーンは圧巻です。
この映画の中では笑顔が見ることが多いのでその笑顔が最高です。

主演の中では個人的に「ブリッツ」が好きです。

これから最新作が何作か上映される予定らしいので早く観に行きたいです。

2014
07.30

ハイカラな男の洋食

最近何故か、スパゲティ・ボンゴレにはまっています。

プレーンな方ではなく、トマトソースを使った「ボンゴレ・ロッソ」の方ですね。

このスパゲティ・ボンゴレ、随分昔、確か昭和50年代頃だと思うのですが、かなりブームになったそうですね。

イタリア料理や、「イタ飯」という言葉もまだまだ定着していなかった頃です。

料理が苦手な父ですら、パスタといえばボンゴレ、と覚えていたほど。

ドラマ『北の国から』で田中邦衛さんが演じる黒板五郎さんも、奥様と別れた後、子供を連れて別の女性とピクニックをした時、この「スパゲッティ・ボンゴレ」を作っていました。

何か、男心を惹きつけるものがあったのでしょうか?
確かに、ソースにはアサリなんかの海の魚介類が入っていて、ハイカラな男の洋食、というイメージもありますが。

そう考えると、なんだかとても懐かしい料理のようにも思えてきます。

2014
07.19

クッキー作りました

 昨日、ちらっと某料理サイトを拝見していたら・・・見つけちゃいました。

 簡単にクッキーが出来るレシピを。

 材料は小麦粉やバター、卵、砂糖、お好みのトッピングで出来るとあって、早速、昨夜お菓子作りをしていました。

 作り方は本当に簡単でした。
が・・・お菓子作りって、分量大事ですよね?クッキーの生地を伸ばすのに、麺棒必要ですよね?
 ハイ、ワタクシ・・・はかりも、麺棒も持っていません!!となると、目分量(適当)と自分の手で無理やり伸ばすという事を行ってました。
そして、グラスの口で型抜きをし、オーブンにお任せしました。

 味は・・・なんか足りない・・・。
でも、ひとり暮らしの為に、食材を無駄にしてはいけない!!と思い、完食しましたけどね!!深夜に(汗)。

 さて、さっきもクッキー作りましたよ。
今度は、レシピには記載されてなかった部分を追加したりして、作業しました。

 まあ、材料はもちろん目分量です。
手で伸ばすのが途中で面倒くさくなってしまい、厚さが全く違いますけどね!!
 さっき、オーブンに入れたのですが、いい匂いがしております。
『チーン♪』と音も鳴りました。

 では、頂いてみます。

 美味しいかな?楽しみです♪
 

2014
07.07

そりゃないよ

数か月前から、ジムに通い筋トレをしています。
入会当初、スタッフの人から「しっかりトレーニングしていけば筋肉がついて体重が増えますが、増えたからといって体重に気を取られずに筋トレ続けてくださいね。
」と言われました。

本当に体重増えました。
ボトムのサイズは確かにダウンしましたし、「痩せたね」と言われることも増えてきていますが、体重が増えたことが、かなりショックです。
ショックすぎて筋トレのやる気が出ない!いかに今まで「体重」という名の呪縛にかかっていたのかが今わかりました。

体脂肪率が下がったのだから、体重が増えても良いのだと頭ではわかっているのですが、人に言えるような体重ではないので、努力が無駄になったような錯覚に陥ります(笑)
とは言うものの、筋トレをしてプロテインを飲むというこの習慣からはもう抜け出せそうにはありませんので、また明日からモチベーション高く頑張ろうと思います!