2014
10.24

スーパーでの買いもの

パートなのにとても責任ある仕事を任されているため、なかなか休むこともできず、ハッキリ言ってフルタイムに近い状態で働いています。

それはとてもやりがいもあるし、第一好きな仕事なので辛いことも全くありません。

ただ、私は仕事も好きですが、実は専業主婦にもとっても憧れています。

いつも買い物は時間がとれないので生協の宅配にしています。

新聞をとっていないので、近所のスーパーのチラシが目に入ることはありません。

結婚した当初から…いや、以前から、少々遠くても安売りのスーパーへ行くようなことは一切なく、行った先で安い物があれば、それで料理をするのが好きです。

ところがこの頃、友達が安いスーパーのチラシをもってきてくれて、今週安売りよ!と教えてくれるようになりました。

それで、私も月2~3回はそこへ出かけるようになりました。

スーパーで買いものをすると、いらないものもつい買ってしまいますが、とても楽しいものですね。
すごく幸せな気分です!

2014
10.16

耳を疑った…

私は糖尿病で再度入院をすることにまりました…まぁ、自分の体調管理が出来てなかったんですが。

幸い前に入院をした病棟だったので私のことを少なからず知っているのかと思っていたんですが、こちらから「前回の入院の時にイビキのクレーム出たんですけど」と言うと「あっ、そうでしたね…ちょっと待ってください」との返答…
で、部屋が決まったのでとのことなので案内された部屋に行ってみると、婦長さんが来て「この部屋だったら動けない方や耳が遠い方ばかりの部屋なので安心して下さい。
」とのこと…なんと重症患者ばかりが入ってる部屋に…ん?待てよ、ってことは私は重症患者扱いってこと?って思ってしまいました。

当時は便の臭いを消す薬などは一般的ではなかったのでその患者さんに悪いと思いますが、オムツ等を交換するさいは部屋から脱出してしまいましたね。

だから誰も見舞いにこさせなかったり近くの喫茶店で話ししたりしてましたね。

2014
10.07

眠れない平穏な毎日

私は寝つきが悪いです。
毎日、今日はすぐに眠れるだろうかと心配します。
眠れるまで1時間ほどベッドでうねうねしているのがデフォのようです。
運が悪い時はそのまま朝になることもあります。
理由は簡単です。
すぐに眠れるか心配なくせに、寝る前に考え事をしているからです。
ベッドに寝転がっても、まだ眠くないから眠くなるまで目をつぶりながらその時を待つのですが、その間、不可抗力的に昔のことを思い出すのです。
ちょっと残念な気持ちになる思い出や、あの時どうすればよかったんだ的な思い出、とにかく胸のしこりになっているようなことがふっと思い出されるのです。
そうすれば私は当然の流れのごとく、じゃあ今同じことが起こったら今度はこうしよう、とか考えをめぐらすわけです。
眠気がきても、いやまだまだこんなやりかたもあるかもしれない、と深みにはまって結局眠気が去ってしまいます。
きっとこれが私の趣味なのでしょう。
過ぎたことを思い返し、自らうじうじ考えては眠れないとか言う、あほな趣味です。
毎日欠かさずにやるんだから、せめて成果なり何なり欲しいですよね。
でも夢を見るときのようにすぐ中身を忘れるんです。
なんてあほなんだ。
なんて贅沢な悩みなんだ。
毎日こうして平和をかみしめるのでした。
完。

2014
09.29

主婦の平凡なある1日

6時半に起床。

旦那さんが散らかしたキッチンの片づけから1日が始まる。

子供のごはんの準備に取りかかり、といっても昨夜のおかずをほぼ暖め直すからそんなに時間はかからない。
1日分の子供のお米をタッパーにつめるのを忘れずにやる。

7時くらいに2人起こし、着替えを終えてから朝ご飯。
上の子は今トイトレ中だから、トイレにつれてくのも忘れずに。

ご飯終わったら、片づけて、一服して、夕飯の下ごしらえ。

それが終わったらお化粧して、子供も準備させて、外出。

スーパー行ったりな日もあるけど、今日は児童館みたいなところへ。

11時30分を目安に帰り始め、帰ってきたらすぐお昼ご飯。
下の子はいくら食べても食べたりないのか、原減ったオーラ前回だから急がなきゃ。

食べたら、1時をめどに子供のお昼寝準備。

がんばって寝かして、洗濯物を取り込み整理。

その後お風呂行って、
髪乾かしたら夕食の準備。

終わったら、つかの間の休憩…
3時をめどに、子供を起こし、おやつタイム。

そのあとお部屋掃除。

その後子供と一緒に遊ぶ。

5時すぎたら、五合のご飯をセットして、子供のご飯を準備して自分も一緒に食べる。

6時30分前後に旦那さん帰宅。

下の子はあたしが身体洗ってあげて、上の子はパパやって、三人で湯船へ。

上がってきたら、身体拭いてあげて、保湿剤塗って、おき替え。

一通り終わったら、夜のうちにお洗濯。

その間にお布団の準備。

終わったら、ビール一杯飲んで一息つく。

選択終わったら干して、8時前後には下の子寝かしつける。

9時くらいから、キッチン片づけや部屋のおもちゃお片付け。
旦那さんがご飯食べ終わるのをまってから、なかなか寝ない上の子を寝かしつける。
やっと寝て11時前。

旦那さんはいつの間にか爆睡。

上の子を抱っこして、下の子が寝てるとこにつれていき、あたしもそこでやっと布団にはいる。

夜泣きはまだある。
ここ三年くらいまともに寝てない。
でも仕方ない。

そしてまた朝がくる

2014
09.21

毛利小五郎について

名探偵コナンに登場する毛利小五郎は私立探偵です。

元、捜査一課の刑事でしたが、10年ほど前に退職し、
その後探偵事務所を開いて探偵家業を始めました。

推理力がなく、迷探偵などと呼ばれていましたが、
コナンが小五郎を眠らせて変わりに推理するようになってからは
事件の解決率が格段にあがり「眠りの小五郎」として有名になりました。

小五郎自身は「事件を解いているときの記憶がないが、
本来の俺が解決しているんだろう」などと考えているようです。

基本的にだらしがない性格で、
麻雀、競馬、酒が大好きです。

美女にも目がなく、美女を前にすると態度が急に紳士的になったりします。

「沖野ヨーコ」というアイドルの大ファンで
仕事そっちのけでテレビに没頭していたりもします。

そんな小五郎ですが、妻子持ちであり、現在は
娘の蘭と同居しています。

柔道の達人で、射撃の名人という一面もあります。

小五郎は身内が容疑者になると自力で推理できるほどどに頭が冴えたりします。

その数は少ないですが、コナンの力を借りずに推理する姿はカッコイイです。

その代表作が「小五郎の同窓会殺人事件」だと思います。

名前の由来は「明智小五郎」で
声優は2009年の途中までが「神谷明」さん
それ以降が「小山力也」さんです。

2014
09.13

酒は百薬の長などと申しますが。

海水浴場で朝から12時間飲酒した後に車両を運転し、歩行中の海水浴客を次々と引き、三名の命を奪い、一名に重症を負わせるという、痛ましい事故に際し、
飲酒運転の罪の重さ、生じる得る被害の甚大さが、言われて久しいですが、こうした事故もまた、どうしても後を断たないものだと、悲しく思います。

約半日、飲酒をして、身体中にアルコールが周り、酔った状態に己があることの自覚はきっとあるはずですし、その状態で如何なる理由があれ、車両を運転してはならない、ことを知らぬ筈がないと考
えます。
まして、一緒にいた仲間達の誰一人、そんな酩酊でもありうる状態で、運転しようとする仲間を、制する人は一人も無かったのか?が哀しいです。

 楽しい時間は大切です。
楽しくないことも多い毎日の中で、溜まった鬱憤を晴らす時を持てることは
良いことです、が、私だけの身勝手で、誰かの命にまで手を伸ばす愚行は許されない。
そこにいた、仲間たちに、冷静で分別を残した人は無かったのか?
哀しみと後悔の思いは尽きません。

大人の良識は今、どうなっているのか?を考えています。

2014
09.03

衝撃の傑作舞台が再演決定

 サッカーワールドカップ開幕を目前に控え、期待と不安を胸に初戦の日本戦を待ちわびていた私の前に、突如飛び込んできたビッグニュース。

 三谷幸喜さんの傑作舞台「オンリーミー」の再演決定。

 17年前、大阪梅田の劇場で、初めて生の舞台を観たのがこの作品でした。
腹がよじるほど笑い、興奮し、満員のお客さんたちと喜びを共有した2時間は、今でも忘れることのできない思い出、いや衝撃の体験として私の心に刻み込まれました。
それ以来、三谷作品はもとより、大小あまたの舞台を観てきましたが、初体験としての衝撃を差し引いたとしても、あの面白さ、あの会場の一体感を越えた作品はありません。
DVDも発売されておらず、二度と観れることはないだろうと思っていたため、ワールドカップモードであった私の脳味噌も、チケット確保に向けた画策にいとも簡単に浸食されています。

 遅筆として有名な三谷さんのこと、今もなおサッカー日本代表選手同様、プレッシャーの中執筆と戦っておられることでしょう。

 期待しています。
私のように、この作品をきっかけとして舞台鑑賞の素晴らしさを知ってくれる人たちが1人でも多く増えることを願って。

2014
08.26

今週のオススメドラマ

DVDを返却しに行った際、特に借りる気も無かったのに少し気になったものを見付けて、見てみたらこれがまた良作だった。

そんな時って、何だか得した気分になれて嬉しいですよね。

今回はふと目についた「ダニーのサクセスセラピー」に惹かれ、とりあえずシーズン1の1、2を借りてみました。

このお話は題名でもわかる通り、ダニーと言う心理学博士の女性が、仕事や生活に悩みのある人たちと1対1でカウンセリングしながら、個々の問題を解決して行くお話です。

ダニー自身も子ども二人とギャンブル好きの母親がいて、現在旦那との離婚問題に頭を悩ませているのですが、それでも患者と真っ直ぐに向き合う姿や、たまに感情的になってしまう人間味の溢れている所に共感できて
そして、言葉のひとつひとつに勇気付けられます。

何の気なしに借りたドラマでしたが、彼女の助言欲しさに続きが見たくなるような作品だったので、ご紹介させていただきました。

2014
08.18

不思議なこと。

私は今、病院の受付事務をしています。

そこで不思議なことがよく起こります。

個人の外科の病院なんですが、日によって、同じ名字の患者さんが多かったり、同じ症状の患者さんが続けてきたりするんです。

先日は「高田さん」が午前中に5人も来たり、「赤松さん」ってそんなにポピュラーな名字じゃないのに3人も来たり。

今日も「松下さん」が3人来ました。

症状も、陥入爪の患者さんが立て続けにきたり、自転車で転んだっていう人が何人もきたり。

ほんと不思議です。

言い合わせたんじゃないかと疑うくらいです。

これは医療機関に限ったことじゃないです。

私は、他にカフェでアルバイトもしているんですが、そこでもこういったことはよく起こります。

日によって、抹茶パフェばかりオーダーされたり、ホットケーキが立て続けにオーダーされたり。

不思議なくらいよくあるんです。

カフェの方は、来店した時に香りがしたり、誰かが食べているのを見たりってこともあるんだろうとは思いますが、病院のほうは全くの偶然ですからね。

何か原因があるのでしょうか?

2014
08.08

最近観た映画について

私は数年前からアクション映画にはまっています。

ブルースウィリス、ジェイソンステイサムの出演している作品が得にお気に入りです。

ブルースウィリスの「ダイハードシリーズ」はすべて観ましたが初めから観ている者としては最新作がでる度迫力が増していてそれが最高傑作に思えます。

ダイハード以外でも最近観た中では「レッド」「レッドリターズ」も年を感じさせないアクションが素晴らしかったです。

アクションはあまりなかったけれど作品として私が一番好きなのは「ジャッカル」という映画です。
リチャードギアとW主演です。
七変化をする悪役ですがなぜか魅力を感じました。

作品自体がとても良かったです。

ジェイソンステイサムの作品もほとんど観ましたが主演ではないですがエクスペンダブルスが一番気に入っています。
ナイフを使ったアクションシーンは圧巻です。
この映画の中では笑顔が見ることが多いのでその笑顔が最高です。

主演の中では個人的に「ブリッツ」が好きです。

これから最新作が何作か上映される予定らしいので早く観に行きたいです。